火災保険を活用してお家の修繕しませんか?

台風や強風、ゲリラ豪雨などで
屋根や雨漏りが心配。
雨漏りが進行すると、天井や壁にシミが広がっていきます。
室内から雨音が聞こえたり、雨の翌日に室内がカビ臭いのも雨漏りをしているサインのひとつ。
覚えのない壁紙のめくれも、天井から伝った雨が壁に染み出している証拠です!
様々な雨漏りのサインを見逃さず、早急に対処しましょう!
強風等で屋根板金が緩んでしまった。
お住まいの中でも高所に設置されている屋根板金。
最も風による影響を受けやすい場所にあるため、吹き付けられた風圧により板金が緩んでしまう原因となりえます。
飛散した板金が歩行者やお住まいに危害を与えてしまったり、雨漏りの原因にもなるので、二次被害・三次被害と拡大しないよう、早急に対処しましょう。
雨樋が曲がっている気がする。
雨樋の役割は、水の浸水による建物の腐食を避けること。
雨樋が壊れていると、外壁は汚れ、雨水が建物の中に侵入してしまいます。
その他にもコケやカビ、シロアリの発生原因にも繋がります。
雨樋が変形している、雨樋から水が漏れている、繋ぎ手の部分に隙間があるなどが見られる場合は早急に対処が必要です。
カーポートが雪等で歪んでいる。
割れている。
風・雪・雹により、カーポートが破損してしまう事があります。
その場合、家屋にも何らかの被害が発生している可能性もある為、まとめて保険の申請が行えるよう、外壁なども一緒に確認してもらいましょう!
カーポートの破損や劣化を放置していると、やがては愛車を傷つけてしまう可能性があり、大きな自然災害が起こった時にはさらなる危険を引き起こしてしまうかもしれません。
適切な方法で対処し、安全性をしっかり確保しましょう。

その名称から、いかにも「火災のときしか利用できない」というイメージを持ってしまいがちな火災保険。
実は、火災でなくとも、風害、雪害などの「自然災害で破損した建物」の場合、ご加入中の火災保険が適用される場合があります!!

台風や大雪などの自然災害で破損してしまった屋根や雨樋は、正しい保険申請を行うことによって、最大で実負担0円で修理することも可能です!!
家の修理はお金がかかると、そのままにしていませんか?火災保険を活用すればお金をかけずに壊れている箇所を修理できます。
火災保険は火事以外にも、台風・突風・強風による風災補償や、浸水による水災補償、積雪・落雷・突発的な事故など、幅広い補償があります。

しかしその事実を知らない方や「どうせ補償されないだろう」と思っている方が非常に多くいます。
経年劣化だと思っていても正確に調査をして原因を特定すれば、100万円の補償金が下りたなんてこともよくあるケースです。
私たち株式会社ケイアシストでは、わかりにくい保険申請の手続きを全てサポートさせていただきますので、初めてでよくわからなくても安心してご利用いただけます。
また、壊れた箇所の修理は全て下りた保険金内で施工させていただきますので、お客様は実質的に0円で修理ができます。
あなたの火災保険にも風災補償特約等がセットされているかもしれません。
加入したままになっている火災保険、これを機会に、一度お手元の書類を確認してみてはいかがでしょうか?

火災・落雷

「住まいの保険」の基本となる補償です。
火災や落雷、などにより損害が生じた場合に保険金が支払われます。
また、これらの災害の後片付け清掃、搬出など後片付けにかかる「残存物取片付け費用」も補償されます。
知らない方が多いですが、ゲリラ豪雨などの落雷によって壊れてしまった電化製品(テレビやパソコンなど)も補償されます。

風災・ひょう災・雪災

最近では大型の台風が上陸して暴風雨非常に多く発生しております。
瓦や屋根のトタンが浮いたり飛んだりすることがあります。
また、飛んだ屋根材がガレージを壊してしまったり、近隣の住宅に二次災害をもたらすケースもあります。
普段はほとんど雪が降らない地方にも何十年ぶりの大雪や雹(ひょう)などが降っています。
このような多くの自然災害が原因で損害が生じた場合に保険金が支払われます!!

水災・水漏れ

台風や暴風雨などが原因で起こった洪水や、土砂崩れによって建物が床上浸水となった損害に対して保険金が支払われます。
また、これらの後片付けにかかる「残存物取片付け費用」なども含まれます!!

損害保険の申請事由内訳

グラフを見てお分かりの通り、火事による火災保険の利用は意外にも少なく、全体の7割が風災や水災・雪災によるものです。
「この破損は自然に劣化したものなのでは?」というケースでもかなりの確立で補償が適用されていますし、「この程度の被害なら保険金を申請するだけ無駄だろう」と諦めていたようなケースでも多額の保険金が支払われることもあります!!

自動車保険と違い、火災保険の場合は保険を使っても保険料が上がることはありませんし、しかも被災するたびに何度でも申請が可能です。
ですから、少しの被害でも気づいた時に調査、申請をオススメします!!

最近、火災保険の申請代行詐欺業者が増えています!
その手口は、家屋の経年劣化を直近の災害のせいにしましょうと提案してきて保険会社に虚偽の報告をして保険金を騙し取ります。
その場合、お施主様も知らぬ間に詐欺の共犯となってしまい、発覚すると告発されてしまうということも起きます。

そのような申請代行業者は修理をせず、虚偽の報告をして、高額の代行手数料を請求してくる場合もあります。
ですからそのような代行業者に頼むよりも、申請から復旧工事まで一貫してサポートできる信頼のリフォーム業者(ケイアシスト)に直接ご依頼いただく方が安心・確実です!!